少人数でも素敵!家族での披露宴

家族だけの結婚式もアリなんです

挙式・披露宴というと、大人数を集めたスタイルを想像するかもしれません。たしかにそのようなスタイルもありますが、近年では新郎新婦の家族(親族)だけに集まってもらうスタイルも増えています。「家族婚」と呼ばれることもあります。
このようなスタイルでは、原則として友人や職場の同僚は招待しません。必然的に小規模な集まりになるので、会場は自由に選べます。大規模な結婚式と同じようにホテルや神社などを利用できるのはもちろん、レストランを貸し切りにして集まってもらうのもひとつの方法です。大切なのは結婚の事実を身近な人に報告することですから、宗教的な形式にこだわらなければ新郎新婦が自由に披露宴の内容を決められます。

配偶者の親族と交流するチャンス

新郎新婦の親族だけを集めた披露宴は、大規模な披露宴と比較すると堅苦しさはありません。「身内の食事会」という雰囲気になることが多いようです。新郎新婦からの挨拶があれば、あとは自由に内容を決められます。
このような場で大事にしたいのは、配偶者の親族と交流しておくことです。特に、配偶者の両親と兄弟・姉妹とは長い付き合いになりますから、自分の顔と名前をしっかりと覚えてもらえるようにしましょう。次に会ったとき、まるで初対面であるかのような振る舞いをせずにすむようにしたいものです。大規模な結婚式の場合、親族と交流する時間は確保しにくいので、家族婚ならではのメリットになります。新郎新婦は披露宴の主役であると同時に招待する側ですから、集まってくれた人たちに楽しんでもらえるよう配慮しましょう。